MENU

プロペシアやミノキシジルで副作用が怖い方向き

チャップアップは男性特有の薄毛症状であるAGAにも効果があります。

 

これまでは薄毛の治療にはプロペシアやミノキシジルなどの医薬品が育毛剤として利用されてきました。しかし、効果が強すぎるため、かゆみや湿疹、ひどい場合は動機や心筋梗塞などの副作用が報告されています。

 

そこで注目されているのが医薬部外品であるチャップアップというわけです。効果がないわけではなく、副作用が弱いので安心なのです。ところで、AGAについては理解していますか。

 

薄毛対策で大切なのは自分の薄毛の原因がなにであるのかを把握していることです。チャップアップはオールマイティーに問題解決できるので大丈夫なのですが、一応AGAについて簡単に説明しておきます。

 

AGAという症状について

 

AGAはAndroGenetic Alopeciaの略で、日本語では男性型脱毛症のことです。薄毛に悩む日本人男性の実に9割がAGAとさえ言われています。AGAは男性ホルモンが2型5αリダクターゼという酵素に影響されてDHT(ジヒドロテストステロン)が発生し、毛根の細胞分裂が妨げられる症状です。

 

これにより髪の毛が正常に成長しないので細く弱くなり、抜けやすくなるのです。健康な毛髪でも一定期間で抜けかわります。AGAではこの期間も短くなって、新しい毛の成長が十分ではなくなり、さらに薄毛が進行するのです。

 

AGAは額の生え際や頭頂周辺からゆっくりと進行します。生え際は男性ホルモンと2型5αリダクターゼが多いのでDHTがたくさん生成されています。生え際後退に気がついたときにはすでに手遅れになる場合もあるので、よく注意していましょう。

 

AGAは20代後半からが急激に増えますが、人によっては10代でも始まります。また、男性ホルモンの影響で男性特有とはいえ、最近は女性でも発症することがわかっています。

 

薄毛に気がついたら諦めずに専門クリニックへの相談をオススメします。通院の時間がなければチャップアップで対策するのもいいでしょう。

 

AGAにチャップアップがいいわけ

 

チャプアップがAGAに効くのは、AGAの原因であるDHTを抑制する成分が含まれているからです。中でもチャップアップ主成分のM-034は天然由来成分なので頭皮に優しい上、毛包に直接働きかけて抜け毛を抑制します。

 

そして、毛根部の血流が促進されて毛母細胞の働きが高まり、育毛・養毛効果が発揮されます。ほかにもDHT生成を抑制する成分としてオウゴンエキスや亜鉛、ノコギリヤシが含まれています(一部の成分は本体ではなく、サプリメントに含有されています)。

 

さらに、大豆イソフラボンやミレットエキス、ビタミンEなど、毛髪に大きな効果を与える成分も数多く使われています。AGAにより生え際からM字型脱毛が見られるようになったら即チャップアップを買うべきでしょう。