MENU

薄毛は20代前半でも始まる可能性が高い!

薄毛には様々な要因が挙げられますが、特に男性ホルモンの影響で起こるAGAは一般的には中年以上の男性に起こりやすい症状です。

 

しかし、昨今は若い世代でも起こることがわかってきており、実際に若いうちに薄毛になっている人もいます。20代や大学生くらいの年齢で起こるAGAは遺伝の可能性が強いと言われています。

 

しかしそれだけではなく、慣れないたばこやアルコールなどが悪影響をおよぼし、後天的にAGAになることもあります。大学生が寝不足やストレスなど不規則な生活を送り、バランスの取れた食事をしていないなどが原因で頭皮と毛根に栄養が行き渡らなくなります。そして、若いうちに頭皮が固まって髪の毛の成長サイクルが乱れるのです。

 

まず予防として規則正しい生活をすることは大前提です。そして、育毛剤などで外部から栄養補給をしたりすれば劇的によくなることでしょう。遺伝でAGAになっている場合は速やかに専門家の診療を受けましょう。とにかく早めに対策を始めるのは、どの年代においても有効な薄毛対策です。

 

チャップアップを大学生が使っても大丈夫?

 

若いうちからチャップアップなどを使うと頭皮が余計に荒れたり、自力で髪の毛が成長できなくなるのではないかと不安になるかもしれません。また、若い頭皮にはチャップアップは刺激が強いのではないか。

 

そんな心配は無用です。チャップアップは女性でも使える育毛剤ですから、敏感肌にでさえも優しいので、20代や大学生くらいの人にでも安心して使えます。

 

むしろ、薄毛対策は早ければ早いほどいいわけですから、20代前半であろうが大学生であろうが、とにかく薄毛に気がついた時点ですぐさまチャップアップなどを利用して対策を始めるべきです。誰にでも使えるオールマイティーなチャップアップですから、年齢に関係なく安心して対策を行ってください。